ポスティングを再開する企業が増加傾向にある理由

ポスティングは非常にアナログな広告方法です。インターネットが発達した現代においてはかなり古めかしい印象を受けるかもしれません。

実際ポスティングそのものの効果が大きく下がり、どれだけかかっても効果がほとんどないという時期が長期間続いていました。このため、多くの企業がインターネット広告へとシフトしていきました。

しかし、今改めてポスティングに注目が集まっているように感じます。

このところ弊社にも、しばらくポスティングから遠ざかっていたお客様からのお問い合わせが増加してきました。数年ぶりにポスティングを再開するというお客様も珍しくありません。今改めてポスティングが注目されている理由について解説します。

広告の効果を最大限に引き出す条件とは

広告の基本は、見込み客に対していかに自社の商品やサービスが目に触れるのかいかに興味を持ってもらうかに尽きます。とにかく消費者の目に触れなければ、商品やサービスが購入されることはありません。もちろん問い合わせの件数も少ないままです。

自社の広告を目立たせるのかを考える時、まず簡単な方法は競合が少ない場所で広告をすることです。

見渡す限り何もない砂漠のど真ん中に看板が一つだけ立っていれば、そこを通る全ての人がその看板を目にすることでしょう。広告の数が少ない場所であればあるほど、広告の効果は高まります。広告の効果を最大限に引き出すためには、広告の数が少ないところに広告を出すことです。

飽和状態となったインターネット広告

インターネットを通じた広告はとても利便性が高いものです。効果を全て数字で確認することができますし、広告の効果がいまいちであれば文面を変えたり、掲載場所を変えるなどの創意工夫をすぐさま取り入れることができます。

しかし、皆さんもご存知の通り、インターネットには広告が溢れており、すでに広告を気にせず、ただ自分が必要な情報だけを見て、そのページを閉じるという習慣が出来上がってしまっています。とにかくインターネット上には広告が多いですので、その中で目立とうとすれば想像以上に多くの予算をかけなければなりません。

インターネット広告の利便性の高さが、広告の氾濫と、広告の効果の低下を招いています。

ポスティングへの注目が集まる理由

インターネット上の広告に対してポスティングが改めて注目されている理由は、ポスティングを活用する企業が減少したことにあります。

アナログ広告を取りやめてインターネット広告に多くの企業が流れ、ポストに投函されるチラシの数は明らかに減りました。広告のひとつの戦略として、できるだけ新しい媒体を利用するというものがありますので、企業がインターネット広告を活用するのは当然の流れでした。

しかし、インターネット広告が飽和状態になる一方、ポスティングを行う企業が減少したことで、ポスティングへの注目が集まっているのです。

また、法律の規制などによって風俗等のピンクチラシの投函が禁止されるようになったことで、ポスティングのチラシの印象が良くなっているという要因もあります。どれだけ広告効果が高まったとしても、企業やブランドのイメージを損なうような広告手法を選択する企業は少ないです。

ポスティングを再開する企業が増加傾向

ホストに1枚だけ入れられたポスティングによるチラシが手に取って見られる確率が確実に上がっています。皆さんも最近はほとんどポストにチラシが入らなくなったと感じられていることと思います。

砂漠の真ん中に1本だけある看板と比べれば少し条件が悪いかもしれませんが、それでもチラシという広告手法を使う企業が少なくなった分、ポスティングの効果は高まっているのです。

私たちの拠点である名古屋でもポスティングを効果的に使う企業が増えてきています。

ポストにチラシが溢れる時代にポスティングをされていた企業の方にとっては、ポスティングが広告効果の低い手法だという印象をお持ちのケースも多いです。現在のポスティングの効果について、広告対象となる地域について具体的に知りたいというお客様は是非一度、弊社までお問い合わせください。