ポスティングによくある苦情3選!クレームの予防策も解説

ポスティングは個人宅へチラシを投函するため、やや苦情やクレームを受けやすい広告手法です。

しかし、よくある苦情を理解し、ポスティングを委託する業者ときちんと予防策を講じれば、多くのクレームは未然に防ぐことができます。

そこで今回は、ポスティングによく寄せられる苦情3選と予防策、クレーム対処法を詳しく解説しました。

クレームが不安な方、ポスティングで失敗したくない方は、ぜひ最後までご覧ください。

ポスティングによくある苦情3選

ポスティングは不特定多数のご家庭にチラシを配布するため、ときには苦情をいただくことがあります。

ここではポスティングによくあるクレーム3個と、その予防策を合わせてご紹介しますので、ぜひ配布計画の参考になさってください。

①「ポスティングしないで!」という苦情

近年では「チラシお断り」「チラシの無断投函禁止」など、ポストやマンションの掲示板に注意書きが貼られているケースも増えています。

そういったご家庭にチラシを投函してしまうと、お叱りをいただくのはある意味当然です。

こういった場合、注意書きをきちんと確認する、マンションの場合は管理人に一声かける、見落としのないよう夜間の配布をやめるなどの予防策をとるようにしましょう。

なお、配布禁止の注意書きがなくとも「チラシを入れないでほしい」と苦情をいただくこともあるため、「配布禁止リスト」などを作成してチームで共有し、再発防止を徹底することが大切です。

②不法侵入と間違われる

戸建てにポスティングを行う際、敷地内に入らなければポストへチラシを投函できないことがあります。

しかし、ポスティングスタッフが夜間に配布を行うと、不審者、不法侵入に間違われて苦情がきたケースがあります。

また、マンションでは管理人不在時に無断でポスティングを行い、クレームになったこともありました。

このようなクレームは警察沙汰になってしまう可能性もあるため、対策として夜間の配布は避けるとともに、スタッフの管理が徹底したポスティング業者に依頼することが重要です。

③チラシで郵便物が濡れた

雨の日に多いのが、濡れたチラシの投函や、チラシがポストからはみ出ていたせいで他の郵便物を濡らしてしまった、という苦情です。

この場合、チラシに雨がかからないように完全に奥まで投函する、雨や雪の日は配布を控えるなどの配慮が重要です。

また、すでに中身がいっぱいのポストにチラシを無理やり詰め込むことも、チラシの汚損につながるだけでなく住民に不快感を与えるためやめましょう。

苦情はその後の対応が肝心!

ポスティングの苦情にはさまざまなケースがありますが、どのようなクレームでもきちんと対応することが重要です。

苦情には、

①即座に対応すること

②誠心誠意謝罪すること

③再発防止策を伝えること

以上の3点を意識して対応しましょう。

チラシ配布を委託している場合は、ポスティング外車がクレーム対応も請け負ってくれるため、クレームが来た場合の対応や予防策を事前に相談しておくと安心です。

ポスティングによくある苦情まとめ

ポスティングは消費者に直接アプローチできる一方、ほかの広告手法よりも苦情が発生しやすいというデメリットがあります。

しかし、きちんと予防すれば大半のクレームは回避でき、しっかりとした広告効果を上げることが可能です。

もしポスティングの委託先にお困りの場合や、クレームが心配な方は、ぜひいちど弊社株式会社ポスティングサービスまでお問い合わせください。

20年以上ポスティング業界に携わってきた知識と経験を活かし、貴社の売上向上に精一杯貢献いたします。